生活習慣病に関する情報サイト

生活習慣病とは

生活習慣病とは「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされ、インスリン非依存性糖尿病(成人型糖尿病)、肥満、高脂血症(家族性を除く)、高尿酸血症、循環器疾患(先天性を除く)、大腸癌(家族性を除く)、高血圧症、肺扁平上皮癌、慢性気管支炎、肺気腫、アルコール性肝障害、歯周病、骨粗髪症(こつそしょうしょう)などが含まれます。

 

生活習慣病は三十〜四十歳代に急増します。しかし近年は発症年齢が低下し、若い人、子どもにもその徴候がみられるようになってきました。これも食生活の変化、運動量の不足などが原因となっています。 

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

生活習慣病の歴史(成人病から生活習慣病へ)

食生活や喫煙、飲酒、運動不足など生活習慣との関係が大きい病気のことで、従来は「成人病」とよばれていました。1970年代末から聖路加国際病院理事長の日野原重明は「成人病は、本当は習慣病」と指摘していました。こうした意見を踏まえた公衆衛生審議会(現厚生科学審議会)の提言を受け、厚生省(現厚生労働省)は1997年、「成人病」を「生活習慣病」と改称しました。

 

成人病は年をとっていくと自然に起きる病気、というイメージがありますが、生活習慣病というと乱れた生活が原因であり、個々の責任、という感じが強くなります。しかし、なかには原因が詳しく分かっておらず、かならずしも個人の責任とはいい切れない病気も含まれています。 明治以降、第二次世界大戦までは、肺炎、結核、などの感染性疾患が死亡原因の上位を占めていましたが、公衆衛生の向上に伴い、感染性疾患は急激に減少しました。1935年の総死亡に占める感染性疾患と生活習慣病は43%対25%でしたが、1955年には20%対47%と完全に逆転しています。1958年から、脳卒中、癌、心臓病が死因の1〜3位を独占するようになり、翌1959年から政府は「成人病予防週間」を制定し、生活習慣病対策を重点目標にしました。しかし、効果をあげているとはいいがたく、生活習慣病は40歳前後から増え始め、働き盛りの成人に蔓延(まんえん)、さらに人口の高齢化で患者数が激増し、今後もますます増えると予想されています。

 

生活習慣病@肥満

肥満は「体内の脂肪組織が過剰に増加した状態」と定義されています。今問題となっている「メタボリックシンドローム」とは、内臓脂肪型肥満(内臓に脂肪が蓄積した肥満)によって、様々な病気が引き起こされやすくなった状態のことをいいます。メタボリックシンドロームの人は、動脈硬化の危険因子である肥満症、高血圧、糖尿病、高脂血症を重複して発症していることがあります。これらの症状が重なって発症することで、動脈硬化を起こしやすくなるということがわかってきました。

 

肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は肥満が大きな原因だということがわかってきました。肥満とは単に体重が重い状態をいいますが、「肥満症」は肥満が関連して健康障害を起こしているか、将来それらの合併症を発症する可能性のある状態の病気です。放置しておくと病状によっては命の危険性がある病気です。 肥満を防ぎ、肥満を改善することは生活習慣病の予防のために大変重要です。その基本には食事療法と運動療法が中心となります。食事療法では、量や質、食べ方(三食ゆっくりと、一口30回以上噛むことを心がける)を見直すことが大切です。運動療法では、有酸素運動(少し早めの散歩程度で持続的に20分以上の運動)を行うことが必要です。いずれの行動もストレスをためず、無理のないよう楽しく行うことが肝要で、継続してこそ効果が期待できるといえます。